1

メタトロンのIPPジャパン設立3周年セレモニーでJOKARIが紹介

2023-06-09
2023年5月10日、横浜の馬車道にある音楽ホールにおいて、IPPジャパンの設立3周年セレモニーが開催されました。会場には医師、歯科医師、薬剤師などの医療関係者、治療・健康サロン運営者をはじめとする満席の約250名が参加し、熱気にあふれたセレモニーとなりました。IPPジャパンとは、Institute of Practical Psychophysics(IPP)(応用心理物理学研究所:ロシア)において開発されたメタトロンの日本及び東南アジアの販売を行う会社です。
 
 
 
メタトロンとは、人体細胞・組織の電磁情報(固有の周波数)を共鳴させ、身体の臓器や細胞の欠陥や状態を個別に分析するとともに、個々の部位に細胞固有の周波数を出力し、健康状態を調整することもできる生体細胞情報測定・分析装置です。日本では健康器具として扱われていますが、世界でメタトロンが利用されている50以上の国々のいくつかでは、医療機器として認定されています。
 
具体的には、被験者がヘッドインダクタを数分間コメカミにあてると、全身5500箇所の部位の状態が解析され、コンピュータの画面上に主要な人体部位の健康状態が被験者にも理解されやすい形で3D表示されます。そのアウトプットは帳票の形で印刷可能であり、スマートフォンでも共有することができます。
(IPP JAPANホームページより)
 
メタトロンの分析結果は膨大な「もの」や「状態」に関するデータベースと照合され、被験者の身体の状態に合う又は合わない食べもの、身に着ける服やカラー、宝飾品、化粧品などを表示することができます。JOKARIの化粧品は、IPPジャパンで解析された結果、皮膚をはじめ身体の状態を改善する効果が極めて高い化粧品(化粧品としてはトップ)として登録されることが決まりました。
 
本セレモニーの中では、IPPジャパンの設立から現在に至るまで3年間の活動の一つとして、本年4月、IPP所長のヴェーラ・ネステロワ博士がIPPジャパン取締役の河本氏らとともにJOKAR東京銀座店を訪問したことが写真とともに紹介されました。
 
 
また、中国上海で活動中のジョカリ社長に代わり、JOKARI美容サロン事業部総責任者の川口由倫さんが、プレゼンテーションを行い、プロモショーンビデオの上映のあと、JOKARI化粧品の優れた作用(浸透性、抗酸化、肌の敏感度の改善、形状記憶、小児アトピーなどの肌の改善)、完全無添加による安全性などを説明し、出席者からの大きな拍手を受けました
 
また、本セレモニーではメタトロン国際イノベーションテクノロジー協会の設立セレモニーが行われました。同協会は、全世界の会員からメタトロンによる測定、分析結果を集積しエビデンス化を促進するとともに、セミナーなどの開催を通じて、メタトロンを通じた健康向上を広く普及することを目的としています。
 
JOKARIは、これらのセレモニーを協賛し、JOKARI化粧品を抽選で100名の出席者へプレゼントするとともに、イベント会場入り口において、JOKARIシリーズの展示販売を行いました。
 
今後、メタトロン(データベース)に登録されることにより、JOKARI化粧品がメタトロンの登録化粧品としてメタトロンを利用する医療関係者、治療・健康サロン関係者、それらの利用者において、JOKARI化粧品の認知度が高まり、その結果JOKARI化粧品が、より多くの方々の健康や美容に貢献できることが期待されます